学生生活の目標を設定する

学生生活の目標を設定する

高校時代は「入学試験に合格する」という具体的な目標を持っていた人も、大学や専門学校では目標を見失って停滞してしまうということがあります。入試やスポーツのように、結果が数値化されたり、他者と競ったりする 場面では目標設定は容易ですが、学生生活を充実させるというような抽象的な場面で本気で達成したいと思 える目標を作るのは簡単ではありません。 SCALEを活用して目標を設定し、充実した学生生活を実現するプロセスを紹介します。

期待される効果

SCALEを活用した目標設定によって得られる効果は次の通りです。

退学、休学の防止

文科省の平成24年度の調査によると、中途退学及び休学の最大の要因は「経済的理由(20.4%)」ですが、 「学校生活・学業不適応」を理由にした中途退学者は高校では32.5%、大学・短大などでは18.9%に登ります。SCALEによって自分を客観的に捉え直し、自分の強みを生かしてやりたい事を目標することは、「今やっていることが好きになる」第一歩です。さらに、SCALE workbookを活用した様々なワークを取り入れることで 学生生活に輝きを取り戻します。

一人ひとりが輝き、学内が活性化する

他者に与えられた目標ではなく、自分自身が達成したいと思う目標に向かっている状態は輝きがあります。一 般的に「やらなけらばならないこと」を目標とする場合が多く見られますが、SCALEでは「やりたいことしか 目標にならない」という前提に立ち、自分の強みを生かして目標に向かうことを後押しします。一人ひとりが輝 き始めると周囲にも良い影響を及ぼし、学内全体の活性化に繋がります。

「学生生活の目標を設定する」ステップ

SCALEのアセスメントシートとSCALE workbookを活用して、次のステップで目標設定を行います。
1自分自身の「理想」と「現実」のギャップに気付く
2目標の意味と原則を知る
3やりたいことを列挙する
4目標を構造化し、何をやるべきかを明確にする

教材:SCALE workbook

SCALE workbookの一部を公開しています。以下からダウンロードしてください。

ワークシートのダウンロード
 Chapter 1 WORK 03 「目標づくり」(PDF) Download
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.