活用事例・導入実績

  • HOME »
  • 活用事例・導入実績

活用事例

STYLEとSCALEは、全国の数多くの企業や教育機関で活用されています。どのように活用されているのか、一部を紹介します。

STYLEの活用事例

A社:中小企業さま(飲食業)の事例

STYLEを導入した理由

A社さまはここ数年、慢性的な人材確保難の状況でした。特に離職率が高く、アルバイトや派遣で確保しようとしてもなかなか人が集まらず、入ってもすぐにやめてしまうという状況が続いており非常に悩まれておりました。また原因を解明しようとして、経営コンサルタントを導入しましたが結果的に失敗。どうしたらいいか非常に悩まれておられ、STYLEを導入されました。

我々のサポート

STYLEを定期的に導入することから定点観測を行うことを始めました。2回目を導入し始めたところから、大まかな原因が管理職とアルバイトの意識の違い(我が事化)の範囲が大きいことに気づき、特に低いメンバーには弊社コンサルタントと面談を実施しました。その結果、経営者や管理職の理念や将来のビジョンの共有が必要であると気付き、以降定期的に理念を共有するという時間を取りました。

結果

定期的に不満を持っているメンバーとの面談を「辞めることを決める前」に手が打てるようになり、離職率が大幅に下がりました。またアルバイトの定着率が飛躍的に向上し、アルバイトの年数が増え結果として正社員になる社員も出てくるなどの効果がありました。単なるアセスメントだけでなく、「離職の予防」ができたことで経営としての先の戦略を描くことができるようになりました。

このように、STYLEはチーム全体の傾向を把握して組織風土の改善に生かすのはもちろん、一人ひとりが仕事や職場の人間関係をどう捉えているかを把握することができるので、離職の可能性がある人を早期にカウンセリングする等、人材定着に直結する成果が期待できます。

 

B社:大手企業さま(大手広告代理店業)の事例

STYLEを導入した理由

B社さまは全国的に事業展開を図っておられます。離職率は高くはない状況でしたが、一方でメンタルヘルスの不調で休職をしておられる人数が相当数いる状況でした。会社としてその対処や対応を取り組むことになり、本社人事部さまより今回導入をされました。

我々のサポート

全社員向けにSTYLEを取り入れました。またその全国での結果を図ったところ、地域ごとでの違いをあぶり出し、休職の可能性がある予備軍を本社人事部と弊社で把握することができ、その後の具体的な施策の立案までを構成することができました。

結果

一見、元気そうな事業部が実は将来的には危機をはらんでいるものなど新しい課題を見つけることができました。上記内容を基に、メンタルヘルス研修を管理職および被験者に対して実施することができました。
また、その後のフォロー研修を定期的に実施していくことや、特に重点エリアに関しての定期的なアセスメントならびにカウンセリングの実施などを行っております。

 

C社:士業、人事コンサルタントのみなさま事例

STYLEを導入した理由

C者さまは社労士法人として10名で活動しております。ただ助成金や労務制度など単発の案件を受注するのみで、定期的な収入を見込むのが難しい状況でした。
そこでSTYLEを自社の商材として既存のクライアントや企業に提案できないかということでお問い合わせいただきました。

我々のサポート

弊社のコンサルタントと共同で、社労士法人として売りたいサービス・強いサービスをどのようにすれば本アセスメントにつなげることが出来るかを相談しました。
その後、アセスメントから助成金を使った教育プログラムおよび人事労務制度の改編という営業の流れをともに作りました。

結果

既存のクライアントさま、および今まで単発でお付き合いのあったお客様と再度コンタクトするチャンスが増えました。そのなかで特に人事のことでお悩みのお客様より採用や制度構築のコンサルティング契約を複数結ぶことができ、経営の安定につながりました。また定期的にご受講いただくお客様も多く、結果としてアセスメントの展開だけでもキャッシュが入る仕掛けが生まれています。

 

導入実績

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.